3ヶ月で20年のデジタル知識の遅れを取り戻す。

IT導入士(初級)講座

IT導入士
初級講座

ITの基礎・基本がわかる人材を社内で育成するプログラム。

IT導入士(初級)講座 担任制グループ講義について

20年のデジタル知識の遅れを3ヶ月で取り戻し、社内のIT人材を育成するプログラムです。グループ授業は、DX学校各校で4名以上のクラス編成ができた場合に実施されます。

各地のDX学校のIT導入診断士が担任となり、eラーニングの各回の解説を行なったり、SaaSの使用方法を直接指導したりする講義が行われます。ウェブ会議システムには、担任が受講者のパソコンをリモート・コントロールして実際に操作したり「ここをクリックしてください」と指示したりすることもできるので、ITリテラシーに自信のない方でも受講できます。

また、実際に講座を学習しながら実践していくので、IT導入に関する相談を先輩IT導入診断士に相談しながら進めていくこともできます。

IT導入士(初級)講座 3つのポイント

POINT 1

充実のカリキュラム

ITの基礎・基本から始まり、国際標準のクラウドツール活用方法など、仕事に活かせる知識とスキルが身に付きます。カリキュラム後半ではIT導入の計画・立案、実行手順まで学ぶことができます。

POINT 2

学習した知識が確実に定着する独自メソッド

オンライン学習と講師対面の実践型を組み合わせたハイブリット方式で、学習した知識が確実に定着します。各地のDX学校のIT導入診断士が担任となり、eラーニングの各回の解説を行なったり、SaaSの使用方法を直接指導したりする講義が行われます。ウェブ会議システムには、担任が受講者のパソコンをリモート・コントロールして実際に操作したり「ここをクリックしてください」と指示したりすることもできるので、ITリテラシーに自信のない方でも受講できます。

(例)1週間の流れ

POINT 3

仕事の現場でつかえる力を身につける

座学のみで提供される講座は、どうしても受け身になりがちです。いざ、仕事で活かそうとしても、実際の現場で使い物にならないことが多々あります。その点、DX学校では講義の中で徹底的に実践を行います。カリキュラムで学んだ知識を、仕事で活かせるスキルを習得します。

講義の後半では、自社のIT導入計画を実際に作成し、自社の経営陣に対する提案書の作成、プレゼンテーションを習得するためのワークショップもご用意しております。講座受講完了する時には、自社のIT導入担当者として、デジタル化の推進が可能になります。

なぜIT導入・デジタル化が必要なのか?

中小企業はIT導入の有無で売上に2.1倍の差がつくことがわかっています。

※2016年版中小企業白書より引用

若者は義務教育でITの知識を学んでおり、仕事でも「当たり前」のものとなっています。

©️教育図書

良太郎(@ryota_hnk)さんのTwitter投稿より引用

https://twitter.com/ryota_hnk 

今こそ会社のIT導入を始めるべき理由

10年ほど前と比較して、IT導入のコストは大きく下がっています。

政府も予算を編成し、中小企業のIT化を国策として推進・支援しています。

IT導入を始めるために

中小企業がIT導入を行うにあたっての一番の課題は「人材がいない」です。
だからこそ、自社でITがわかる人材を育成することに大きな意味があります。

いまこそ3ヶ月で20年のデジタル知識の遅れを取り戻し
ITの基礎・基本がわかる人材を社内で育成しましょう!

いまこそ3ヶ月で20年のデジタル知識の遅れを取り戻し、ITの基礎・基本がわかる人材を社内で育成しましょう!

受講料

教科書+12回分のeラーニング+12回分のグループ授業の合計で110,000円(消費税込み)です。グループ授業は、DX学校各校で4名以上のクラス編成ができた場合に実施されます。

お申し込み方法

1.「受講お申込み」クリックします。

2.専用フォームが開きますので、必要事項を入力し送信してください。

受講開始までの流れ

お申し込み後、DX学校よりご請求書を発行いたします。ご入金いただきましたら、講座で使用する教材をお送りし、オンライン学習システムのアカウント発行いたします。受講に必要なノートパソコンやインタネット環境のご準備いただきます。

サンプル授業

eラーニングのサンプル授業として、eラーニング講師による体験授業をごらんください。

(YouTube 【なぜいま中小企業がデジタル化しないといけないのか】3ヶ月で社内のIT担当者になれる「IT導入士(初級)」講座開講!〜校長による体験授業〜|ITに詳しくない中小企業経営者に寄り添う学校【DX学校】

受講生の声

藤谷さん(北海道,牧場経営者,45歳男性)

銀行から支援を受けるためにも経営の“見える化”をしたくて受講しました。
基礎の基礎から学べて、単なるITツールの使い方だけでなく、IT導入の意義や経営改善の考え方が身について、早速実践しています。

会社情報

会社名株式会社ディグナ(英文社名:DIGNA, INC.)
役員代表取締役 梅崎 健理(CEO:Kenri Umezaki)
取締役 福原 飛鳥
本店所在地〒107-0052
東京都港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャルホテル314号
(9-1-7-314, Akasaka, Minato-ku, Tokyo, 107-0052, Japan) 
五反田本社事務所〒141-0031
東京都品川区西五反田8-2-12 アール五反田5B
(8-2-12-5B, Nishigotanda, Shinagawa-ku, Tokyo, 141-0031, Japan)
設立2010年12月1日
従業員数24名 (アルバイト・パート含)
事業概要【DX事業】デジタル・トランスフォーメーション 企業のIT導入を積極的に推進する事業。 全国各地の「IT導入診断士」が一からサポートします。 MA/SFAツール「HubSpot」ゴールド・パートナー Googleクラウド・パートナー、 IT導入補助金2020採択支援事業者
加盟団体公社) 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会
取引実績株式会社ゼンリンデータコム、株式会社識学、 資生堂ジャパン株式会社、日本コカ·コーラ株式会社、株式会社毎日新聞社、MIKAWAYA21株式会社ほか(50音順・敬称略)

お問い合わせ

DX学校にご興味をお持ちいただけた方、ご不明点・ご質問のある方、まずはお気軽にお電話・メールにてお問合せください。担当者にて承ります。

電話でのお問い合わせ

0120-659-189

平日10:00〜17:00

メールでのお問い合わせ

info@dx.school

会社名・氏名・メールアドレス・電話番号をご記入の上、お問い合わせください

会社名・氏名・メールアドレス・電話番号をご記入の上、お問い合わせください

Print Friendly, PDF & Email