DX学校はITに詳しくない
中小企業に寄り添います。

社員研修と導入支援で
中小企業のDX導入に
並走します。

DX学校はITに詳しくない中小企業に寄り添います。
社員研修と導入支援で、中小企業のDX導入に並走します。

研修サービス

DX学校の研修サービスは専任担当者を育成するプログラムと社長のためのプログラムがあります。

専任担当者を育てる

IT導入には、専任の社員がぜひとも必要です。社員と奥さんが数人のアルバイトで回しているような規模であれば社長が兼任でやるしかありませんが、従業員が20人以上の事業所であれば、専任担当者を是非おいてください。ITによる効率の向上を補って余りある効果が期待できます。

社長のためのプログラム

DX学校では2020年6月の開校以来2,000件以上の相談を受け付けてきました。 IT導入で挫折してしまうケースのほとんどは「社内の抵抗勢力」によるものでした。社長自身は情報をよく収集していて、「今すぐにIT導入に踏み切らなければダメだ」と理解しているケースでも、今のやり方に慣れている社員から「何年もこの方法でうまくいっているのに、なぜこれを変えるのか?」とか「スマートフォンやパソコンは苦手でね」といった声に抗えずに挫折していってしまうのです。

「これではもったいない」の一言です。このプログラムでは「IT導入の勘所」をお伝えし、すぐに売上向上につながる技もお教えします。受講料は無料です。

【 3つのお約束 】DX学校はお約束します

【 3つのお約束 】
DX学校はお約束します

①【 独自教材 】 最先端のことを、誰でも分かりやすく学べる

ビジネスに必要なデジタルの知識と実践が、 誰にでも簡単に学べます。 しかし、ITのトレンドの移り変わりは早く、 古くて間違ったことを教えてしまっている ヒトがいるのも事実です。 私たちは、最先端で世界標準のことを、 誰にでも分かりやすいオリジナルのテキストと カリキュラムで自信を持って提供します

②【 コストメリット 】 経営課題の解決に導く、投資以上の効果。

IT「ツール」は単に「道具」にしか過ぎません。 まず着手すべきは業務効率化する IT導入ですが、単に人件費の削減を 目的としたIT導入もうまくいきません。 DX(デジタル・トランスフォーメーション)とは、 ITの時代に御社の事業を適応・転換することです。 そのために私たちは、事業の成長を「並走」します。

③【 自走と並走 】 魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えます ​

『授人以魚 不如授人以漁』という言葉があります。 DX学校の受講者がこれから「自走して」 社内のIT担当者になれるように。 DX学校の講師は「並走」して事業の成長に コミットメントできるように。 私たちが1番大切にしている考え方で、 「自走」できるようになることをお約束します。

導入支援サービス

IT導入に並走します

DX学校では、中小企業のIT導入のサポートを行います。DX学校の講師は、IT導入に並走します。ITは導入がゴールではありません。また、導入しても自分たちで運用できるようにしないと意味がありません。DX学校の講師は、効果の出やすいポイントをみなさんと一緒に考え、最適なツールをフェーズごとに投入し、ともに実践します。

「DX」などと言う前に、まず「IT導入」

新型コロナウィルスの感染拡大。これに伴って「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」が大きくクローズアップされています。「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」の流れは、これまで企業のデジタル活用をすっかり変えました。自宅だろうが、出先だろうが、デジタル・テクノロジーを使って、どこででも仕事が出来るようになり、オフィスが完全に廃止出来るまでになってきたこと。これはもちろん理論上は、以前から可能だったわけですが、この新型コロナウィルス感染拡大で「実現できるもの」となりました。

また、2020年に解ったのは、近隣の韓国や台湾と比べて、日本のIT化が大幅に遅れていること。しかし、中小企業はさらにもっと遅れていて、とても在宅で仕事などできる状態ではないことがわかってきました。「DX」などと言う前にまず「ITの導入」から始めなければならない状況です。こんな中小企業のIT導入を推進するサービス、これがDX学校の提供するサービスです。

IT導入済企業と未導入企業との
売上高の差は約2.1倍​

IT導入済企業と未導入企業との売上高の差は約2.1倍

「中小企業白書」に掲載されているアンケートによると、中小企業ではIT投資『あり』『なし』とでは、はっきりと売り上げに差が出ているようです。「中小企業と言っても資金に余裕のある大きな中小企業ほど売り上げが大きいいと言う話だろ!」と言う声が聞こえてきそうですが、まさにそのとおりです。

中小企業におけるITツールごとの利用状況から
分かること

中小企業におけるITツールごとの利用状況から分かること

中小企業を売り上げ順に並べて、大きい方から4分割し比較すると、売上の小さい企業ではワープロや表計算ソフトでさえ36.3%しか導入されておらず、電子メールも37.8%、グループウェアに至ってはわずか7.3%の導入に留まっているのです。

これではテレワークなど実現できるわけもありません。逆に言えば、ちょっとしたITツールを導入するだけで、中小企業の業務効率は画期的に上げる事が出来るのです。

DX学校は全国各地の拠点からサポート

IT導入診断士がサポート

DX学校は、ローカル・ビジネスのデジタル化を促進する全国ネットワークです。ディグナが研修、認定した全国の「上級・IT導入診断士」が、DX学校の分校、ディグナのパートナーとして、各地域のDX(IT)導入を並走して支援します。

この「上級・IT導入診断士」は、自らも中小企業の経営者として、DXを実行し業務改革を行った経験者です。中小企業・個人事業主様の状況や立場を理解し、適切な導入支援を通して、IT導入を成功に導きます。弊社の105時間以上の研修を受講し、基準を満たした者だけが【IT導入診断士】としてクライアントご支援をします。

DX学校はITに詳しくない中小企業に寄り添います。
まずはお気軽にお問い合わせください

DX学校はITに詳しくない中小企業に寄り添います。まずはお気軽にお問い合わせください

お電話でもお問い合わせ頂けます

受付時間 平日10時〜17時

☎︎0120-659-189

Print Friendly, PDF & Email